読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南隠居倶楽部

ダイエット中

ゲリラ戦のススメー就活生に向ける応援歌ー

仕事

世の中の若者と話すと
みんな同じような考えを
持っている。

 

きっと、大人に吹き込まれたと
言わんばかりに同じような考え。
「安定したい」
「良い学校から良い会社」
みたいなパターンだ。

 

それは間違っていない。
良い学校に入れた人にとっては
正解である。

 

だけれども世間で良い学校と
言われるラインは確かにあり、
そのラインを越えていないと
良い会社には入れない。

大体上位1~2割の偏差値の
学校に入らないと就活は苦戦
するだろう。

 

新卒就活生の人には覚えておいて
もらいたいのだが、同じ入り口から
同じ組織に入ったつもりでも、
到達する場所が全然違うという
現象も勿論ある。

 

あくまで今の大人世代の慣行なので、
若者世代も同じになるかはわからない。
だが、大きなマンモス組織の慣習が
簡単に変わるとは僕には思えない。

 

だから、覚えておいて欲しい。

 

私の体感だが、せめてでも
入学時点で最低でも偏差値55以上
くらいの学校には入れていないと
サラリーマンルートは割と
苦戦を強いられるという事を。

 

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170311120843p:plain

これから書く事は人生のゲリラ戦
のススメである。

 

 

【現実を見よ】

学歴を付けるのに失敗したら
就活は勝てない。
コミュ力や全体的な人間力
無ければ就活は勝てない。

 

もっとこの事を多くの人は
知った方が良いと思う。

 

先述したが、例え大企業に
入れても到達する場所が違う
現象や、出世の上限値が
決まっている場合があるのだ。

 

レースで例えるならばマラソンで
先行者や有利な者が5kmくらい
走っている状況から後続として
スタートするような状況である。

 

こんな勝てない勝負をする
必要は無いと思う。

 

 

 

【就活は立ち回りが大事】

18歳や19歳までは大学受験に熱中
しても良いと思う。だけど、それに
負けた場合は潔くサラリーマンルート
を捨てるか何か工夫するくらいの気概が
必要ではなかろうか。

 

仮に商品を買う時に、同じ値段の場合、
カタログスペックがほぼ同じだったら、
結局は少しでも条件を取るのが企業だ。

 

 

己自身について熟知しよう。

 

まず、そもそも自分は学歴があったり、
特殊な技能や知識を持っているか?
就活で万人受けするような人柄や
ルックスの持ち主だろうか?

 

そんな事を考えたくないという声も
上がるだろう。だけれども、僕は
就活で苦しんで逃避したかつての
仲間を知っている。

 

中途半端な学歴で、
特殊な技能や知識はあるが
カタログスペックでは
表にアピールする事はできず、
特に万人受けするキャラクター
でも無かった彼。

 

結局は、就活を放棄して
風の噂では自営になったらしい。
スモールビジネスを営んでいる。

当時は新卒切符が勿体無い、
何馬鹿をやっているんだと思ったが、
時の流れと共に仕方が無い事だと
気付いてしまった。

 

自分の勝ちやすいやり方、
勝負しやすい戦略を練るのは
悪くない事だと思う。

 

 

【就活は諦めが大事】

そういうあなたはどうなんだ!
就活はしたのか!

 

と突っ込まれたら言葉に詰まる。
私は全く就活を経験していない。
親の仕事を手伝っている。

 

あくまで身近な伝聞の話や、
ネットや書籍で見た情報で
独断と偏見でこの文章を
書いている。

 

ただ、電通の東大の女性が
自殺した事件とかを見る限り、
死ぬまで我慢するくらいなら
いっそ好き勝手に生きれば良い
のにと思う流派である。

 

どうせ、多くの企業は人の事を
人財とか言いつつ、使い捨てに
してくるのだから。

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170311121924p:plain

 

 

【資本主義の本質】

多くの人は気付いていない。
気付いていても無意識レベルに
なっているだろうが、世の中は
現在は資本主義である。

 

金はパワー!
金こそ全て!

金は命より重い!

みたいな世の中である。
この前提を見誤ると
失敗する。

 

資本主義は投資家(資本家)と
労働者に大きく分けられる。

 

あなたはどちらに回りたいか?
実はサラリーマンになった時点で
投資家サイドに回る事は
エキストラハードになる。

 

ロバート=キヨサキの
金持ち父さん貧乏父さんにも
あるが、資産を手に入れて、
負債を持たない事が勝利の鍵。


現実はそうなのだが多くの人は、
意味不明な他人の為の労働や
他人の会社の宣伝に加担している。

 

よく考えてみて欲しい。
雇われたら中抜きをされるのが
当たり前ではないか。

 

そうでなければ、会社という
組織が成り立つわけが無い。
あなたは雇う側が得だから
雇われているのである。

 

悪い言い方をすれば、
将棋の駒みたいなものだ。
奴隷と変わらない。

 

長時間の拘束時間も、
お互いに見張りあうような
足を引っ張り合いがちな
会社内の人間関係も、
意味不明なユニフォームや
過酷な満員電車。

 

これらを全て取っ払うには
ゲリラ戦をするしか無いと
思うのだが・・・。

 

 

【何故この事を書くか】

何故この事を書くかというと、
世の中の情勢が大きく変わって
きているからである。

 

パソコンやIT技術の発達、
そして近年のスマートフォンなどの
モバイル機器の発達で便利な世界に
なった。

 

個人が簡単に情報を受発信できる
時代になったのである。

 

今まではテレビや新聞社などの
マスコミが覇権を握っていた。
しかしながら、これからは
個人戦の流れも並行して訪れる。

 

 

【小さなリーダーが各地へ】

IT化が何を生み出すか。
端末が世の中に出回る事で
受発信を皆ができるようになる。


スモールビジネスを持つ事、
フリーランサーが活躍、
人を雇わない個人のビジネス、

などなど様々な形が
これから生まれてくる。

 

私の親がやっている仕事(家業)
も人を雇っていないで個人で完結
できる仕事である。

 

(勿論、今までのキャリアや人脈が
あるから可能になっているのだが、
人を雇わずに仕事を行う事が
可能な時代になってきたのだ。)

 

 

従来式の組織で社会を動かす生き方
が産業社会式の生き方だとしたら、
私の父や、私自身の生き方は
情報社会を利用した生き方になる。

 

人を雇わず、身近な事、
努力や工夫により稼ぐ、
自分達の食い扶持を手に入れる。

 

このような取り組みが各地で
生まれ、小さな商売人が微力でも
コミュニティ毎に活躍できたら
面白いと思う。

 

大きな社会の流れがありつつも、
小さな社会の流れの人達もいる、
そういった意味での多様化が
進むと面白いだろう。

 

今の8割~9割くらいが雇われて
いる世の中はちょっと異例の事
であり、江戸時代の事でも調べて
日銭稼ぎをして勢いで生きて欲しい。

 

【仕事について】

仕事=人に雇われて時間と労力を
   提供してお金を貰う事。
と考えるとやや視野が狭くなる。
仕事=人を喜ばせて自分に返ってくる。
みたいな自己啓発の考え方も
嫌いでは無いがやや違うと思う。

 

究極的には、
仕事=他人の問題を解決して、
   自分の時間や能力・労力を
   お金と交換して貰う。

 

といった考え方になれば、
個人でもお金を稼げると思う。

 

私は自分の持っている知識
(金融や不動産、マネーハック)
を文章(技術)に絡めて、
WEBメディアに売り込んでいる。

 

稼ぎは未だ微々たるものだが、
面白いし自分の裁量で仕事を
取れるしできる。

 

これは家業というセーフティネット
があるので実現している。

 

高確率で稼げて食える仕事と
あまり稼げないけど楽しい仕事や
自分のやりたい仕事

 

これらを組み合わせている。
複業スタイルである。

 

 

【複業しよう】

一つの会社に入って
一つの専門性で生きる。
一つの業務で終わる。

それが過去のものに
なるだろうと
言われている。

 

キャリアや専門性の
連続性、時には自分の
持っている能力を重ねて
シナジーを生み出す事。

 

そのような働き方がこれから
の時代に求められていくだろう。

 

この記事はサラリーマンも
良いけど、普通以下の待遇の
サラリーマンでは世の中を
渡り切るのは厳しい事を指摘した。

だから、副業、時には複業の
ようなやり方を推奨したい。

 

仮にバイト暮らしでも悲観する
事なく好きな事や得意な事を
ビジネスにつなげる工夫をして
貰いたい。

 

今はちょっとしたアクションや
アイディアがお金になる時代だ。

 

もっと楽しもう。やり方は無限大だ。
未来はやり方次第でいくらでも明るく
なるのだから。

 

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170126184822p:plain

仙人になりたい。