読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南隠居倶楽部

ダイエット中

自由と責任

人生

変わらないモノを僕たちは求める。

 

変わらない人や
変わらない友情とかが
代表的なモノだろうか。

 

でも、そういった
変化を嫌う世の中だから
こそあえて言いたい。

 

変化していこう。
より良くなろう。
ダーウィンだって一番
生き残れる生き物は
変化できる生き物だと
言っているくらいだ。

 

ずっと続くと思っていても
終わってしまう事だってある。
最近ではSMAP解散した。

 

ちょっと昔の話になると
The beatlesだって解散した。

 

僕たちは変わっていく生き物
なのだ。時には人間関係の形
だって変わっていく。

 

音楽性の違いだって
受け止めていかないと
いけないのだ。

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170314213643p:plain

現在では僕は家業を手伝っている。
生活費を受け取り、自由に使って良い
と言われている仕事部屋で文章を
毎日のように書いている。
(勿論コメダ珈琲もよく使う。)

 

待遇は正直、割と良いと思う。
普通に生活費やらなんやらと、
実家の自分の部屋と仕事部屋を
与えられているのだから。
(家にお金は納めていない)

 

大雑把に言えば、
僕は家業手伝い系のライターと
いう括りになるだろうか。

 

家業に関する事を必死で日々勉強。
何かあればその知識を使い動いている。
そして、そこで手に入れた知識を文章に
まとめて寄稿して小遣いを稼いでいる。

 

勿論、最初から僕はこういう生き方を
するつもりは毛頭にも無かった。

今では荒ぶってフリーランス
良い!とか、複数の収入源を持て!
みたいな事を発信している。
フリーランサーぶっている。


しかし10代の頃はガチガチの権威主義者、
それも宣伝に踊らされまくっている
THE学歴主義者でサラリーマン社会を
信仰している男だった。

 

結果的には変化して良かったと思っている。
ストレスフリーの生活を手に入れる事が
できたからである。

 

ここで僕の1日を紹介したい。

 

 

【僕の1日】

朝9時までに起床

朝食・身だしなみ

安カフェで勉強
(大体昼手前まで)

15時頃まで仕事

筋トレやサウナ

安カフェで勉強
(大体夕方まで)

夕食

ウォーキングや
ネットサーフィン
お風呂

就寝

 

 

以上である。

【1日を振り返って】

大体の勉強時間が4時間前後。
仕事している時間が3~4時間位。

約8時間机に向かっているのだから、
まぁ、人並と言えるかもしれない。

 

この生活の良い所は勉強という
インプットによる自己投資、
ライティングによるアウトプット
によるお金の回収。
そして、変な酒の席の付き合いが無く、
筋トレやサウナに時間が割ける点だ。

 

僕はひと月に1回くらいしか
お酒の席にでは出ないようにしている。
度重なる付き合い酒は身体に良くないと思う。

 

 

【変化を求めた】

結果的には変化を求めてエイヤッ!
と飛び込んだから今の自分はある。

 

世間体を気にして外で働いた方が
良いだろうか?とか人付き合いを
大切にした方が良いだろうか?
と悩んだ時期もある。

 

だけど、気にしてもそれは
僕の欲しているモノではない
と気づいてしまった。

 

バイトで得られる人間関係や
少ない賃金は今の僕にとっては
もう必要ない物である。

 

経験値にもならないと思うし、
職務経験にもカウントされない。
ただの時間とお金の交換になる。

 

言い方が悪いが、本当に気が合う
人間関係なんて数十人に出会って
一人や二人ではないだろうか。

 

既に良好な人間関係には荒れ狂う
暗黒時代のような時期に出会えている。
人数は少ないが大切な人たちだ。

 

そういう人たちを大切にして、
後は自分の好きなように進んで
いくしかない気がしたのだ。

 

人間関係の調整とか、世間体とか、
人並みみたいなものに合わせて
しまうことにより、自分の考えている
事や個性が埋没するのが辛いと思った。

 

勿論、僕は人と会う時はキチンと
目の前の人と良い時間を過ごせるよう
一生懸命振る舞うだろうけれども、
数を沢山打てば良いという話では
無いと思ったのだ。

 

今から無理してまで新しい人間関係を
作るのに奔走するくらいなら、自分が
やる事をやっていく中で出会える人間関係
の方が良いと思えた。

 

【自由と責任】

こういった自由な生活良いなー!
と言われるかもしれない。

 

でも、自由な生活には責任が
つきものである。覚えておいて
欲しい。

 

サラリーマンが世の中で人気が
あるのは組織の一員にして貰えれば
クビにならない限りは分け前を
貰える点である。

給料が毎月振り込まれる。
これはとても大きい事だ。
当たり前だと思ってはいけない。

 

自分の力で動く、働くという事は
何かをしないとお金が生まれないと
いう事でもある。

 

自分一人で看板を背負っている
という事なのである。

 

僕は昨日、体調が悪くて
早め早めに就寝した。
(何か本当に危なかったのです)
仮に体調を崩したら締め切りが
間に合わなくなるなと怖い気持ちに
なってしまった。

 

組織ならば、自分がぶっ倒れたら
カバーが入ってくれるかもしれない。
しかし、フリーでやるという事は
それがほぼ皆無であると思う。

 

自由には責任がつきものだなと
思っているし、感じている。

 

 

【これからの隠居】

僕にとっての隠居ストーリーは
始まったばかりである。

 

実はこう見えてもやりたい事は
沢山あったりする。

 

消極的自由を求めつつも、
積極的自由も求めている。
ワガママなのである。

 

スタンスとしては家業を手伝い、
継ぐための準備を積み上げていく事。
そして、フリーで在宅で稼げる知識や
技能を増やしていく事だ。

 

ITのインフラやデバイスの発達、
自分の持っている知識や技術や状況、
全てが合致してきた。

 

やっと時代が僕に追い付いてきたか
といった気分である。(調子に乗る)

 

とにかく今は収入を増やしたい。
収入を増やすための努力をしている。

 

燃えていこうぜ、
俺たち湘南隠居倶楽部