読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南隠居倶楽部

ダイエット中

タコの刺身を噛み締めながら

日記

昨夜は先輩の住んでいる
東京の町へ遊びに行った。

美味い食事と
美味い酒で楽しい
時間を過ごせた。

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170319073020p:plain

特にタコの刺身は幸せだったなー。

 

 

【近況を伝えた】

付き合いが長い人には
家業を手伝い、文章をコツコツ書いて
原稿料を貰っている事を伝えている。

 

意外と世の中の人というのも、
ある程度の形になっていれば
反応は悪くない。

 

もしかしたら、色々と細かい事を
気にしているのは僕だけかもしれない。

 

「どうしてもサラリーマン的な
生き方と(色んな意味で)比較
してしまう」

という悩みも相談もした。

 

でも、そもそも種類というか
カテゴリーが無いのだから、
比較対象にはなり得ないと
言って貰えた。

 

確かに前提となるものが
違い過ぎる。

 

安定を求めて自由を犠牲に
するスタイルと自由を求めて
安定を犠牲にするスタイルの
違いはあるのだなと感じた。

 

やはり、俺には俺の人生がある。
のスタンスで良いのかもしれない。

 

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170319073537p:plain

話してて思ったのは、
やはりサラリーマンはエリートに
なれれば収入は良い。


だが、サラリーマンとしての
付き合いも多いし、現在の僕の
考えでは適応できないと思った。

 

人には人それぞれの
働き方があって良いかも
しれない。

 

どうせなら、突き抜けて
今後も己の人生を生きて
いきたいなと思えてきた。

 

そういえば、待ち合わせ時間が
あったのでフラフラしていた。


ちょっとした下町風情溢れる町
だったのだが、不動産の価値が
神奈川県に比べると高いなと思った。
さすが東京!

 

そして、小さな店舗を構えて仕事を
している人が大変多かった。
スモールビジネスと呼べるかもしれない。
ちょっと特徴的な町だなと思う。

 

ああいったスタイルで何かをやって
いるのを見ると、食い扶持を稼ぐ
方法なんて幾らでもあると感じる。

 

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170319074118p:plain

なり得なかった未来がありつつ、
新しい可能性の中に僕はいる。

 

もう一つの人生の
終わり、ゴールを迎えて
新しいスタート地点から
スタートしているのだと思う。

 

ストーリーは確実に
始まっている。

 

不思議と気持ちは穏やかで、
少しずつ進む道が見えてきた
気がする。

 

「その文章とかだって、
上手くいけば何が起きるか
わからないだろ?」

 

と仲間に言ってもらえた。

 

 

フリースタイルの我が人生。
文章やってますと胸張って
言える自分になりたいなと思う。

 

 

僕は良い仲間を持った。