読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南隠居倶楽部

ダイエット中

学生時代を振り返って【中編】

過去

今になって思うのは、
根性や気合や努力も大切な場面も
あるけど、壊れるまでの頑張りは
よくないと思う。

 

スポ根漫画とかを読むと、
自分の未来を犠牲にしてでも
今を生きるような描写がある。

 

僕もそういった、自分を
すり減らしたようなやり方を
選んでしまっていたようだ。

 

「今しかないんだ」という
恐ろしい程の緊張感を持って、
生きるか、死ぬかという
ギリギリの状況だった。

 

高校時代でこういう状況。
よく今でも生きていると思う。

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170320084836p:plain

 

【白か黒か】

白か黒かハッキリしたい性格だった。
今はそれなりにグレーな生き方や、
やり方も目をつぶる時もある。

 

それなりに現在では妥協している。
白か黒かつけられない時はグレーで
良いやと思っている。

 

テキトーに考えてノリとフィーリング
で大雑把に生きている人には悩みなんて
少ないようだ。勿論、大小はあるが、
そういった人も考えているとは思う。

 

若い頃、何でお前がそんなに悩んでいる
のか俺にはわからない。みたいなニュアンス
の事を知り合いに言われた事がある。

 

その人はとても大雑把な性格の持ち主で
友人の借金を踏み倒したり、嘘を慢性的につく、
連絡無しに人の家の前に勝手に車で来るような
ファンキーな人だった。

 

(今思えば、そういう無神経さがあるから、
悩まないのだなとは思うが)

 

「おい、磯野野球しようぜ!」

 

みたいなノリで急に来られても
ハッキリ言って迷惑だった。

 

今思えば、若い頃は周りに舐められて
いたので時間を潰すだけの相手を
させられたりもよくした。

 

(現在はそういう関係は全て切った)

 

 

【ノーを言おう】

アドラー心理学の嫌われる勇気が
流行っているような時代だ。

 

もっと世の中の人はノーを言うべきだ
と僕は感じている。ノーが言えなくて
大衆や何か勘違いして偉そうな人に
迎合してしまうから事が複雑になる。

 

学生時代はそれができなかった。
だから周りに合わせすぎて破綻した。

 

今では周りに合わせられ無さ過ぎて
別な意味で破綻しているかもしれないが、
人生とは面白い。気が楽なのである。

 

現在では大人時代を通して友達も
最低限かもしれないがいて恵まれて
いると思う。

 

体力もそれなりに回復して、
勉強や読書で蓄えた知識も充実。
経済力も多少はある。

そういった前提条件が変わってくると
嫌いな人には絶対に合わせない方が良いや
と思えてきたのである。

 

 

f:id:shonan_inkyo_club_53:20170320085729p:plain

ノーを連発しているので、
やりたい事と必要な事しか
やっていない。

 

これは実は贅沢な生き方だろう。
僕は今幸福である。勿論まだ
完全なる自由を得た訳ではないが。

 

世間的な慣習も沢山あるが、
せいぜい冠婚葬祭だけは最低限守り、
後は全て回避したいというスタンス。

 

世捨て人に近いかもしれない。
マイペースでノンビリしたいのが最近の僕だ。
隠居とブログ名に入れた理由はここにある。